2016-04-26 — 2016-07-03 文化財を撮る―写真が遺す歴史― 奈良文化財研究所飛鳥資料館 奈良

この記事は2分で読めます

詳しくは次のページから.

以下, 引用です.

開催日: 2016/04/26 ~ 2016/07/03
公開対象: 公開イベント
担当者:西田紀子

文化財を守り, 伝えるうえで, 文化財写真は重要な役割を担っています. 奈良文化財研究所では, 埋蔵文化財をはじめ, 文献史料, 建造物, 庭園など様々な文化財の調査研究にあたり, 多くの写真を撮影し, 学術情報として保存してきました. 本展覧会では, その一端をご紹介したいと思います.
奈文研の文化財写真の撮影は, 写真室に配属された専門の技術者たちが担当しています. 彼らは, 文化財の持つ色や形を正確に, そして質感などの情報を最大限に表現するために, 屋外やスタジオで, 太陽光や照明, アングルなどに工夫を重ねながら, 文化財写真撮影のノウハウを培ってきました.
今日では, 文化財を撮影した写真そのものが, 歴史資料として文化財の範疇に加わるようになりました. なかでも, 既に失われてしまった文化財の写真は, 写真そのものが実物に匹敵する重要な価値をもっています. 写真記録は, 地中に埋め戻された遺跡の様相や, 文化財の経年変化を知るうえでも欠かせぬ資料となっています. このような資料写真の一方で, 文化財の新たな魅力や, 文化財への新たな視点を引きだす鑑賞用の写真も, 文化財写真の技術者たちの腕の見せ所です.
また, 近年の技術革新の波は, フィルムカメラからデジタルカメラへの急激な移行を迫っており, フィルムやデジタルデータをどう保存し活用していくかが, 大きな課題となっています. このため, 奈文研では, 写真資料の残し方も, 文化財の保存と同様の長期的視野のもと, フィルムの現像や保管方法の研究, フィルムのデジタルアーカイブの作成などを進めているところです.
文化財の魅力を多くの人々, そして未来に伝える文化財写真. 本展覧会では, 文化財写真の歴史と技術の展示を通して, その価値と面白さを紹介いたします.

主催: 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所飛鳥資料館
受付期間: 2016/06/16
URL: https://www.nabunken.go.jp/asuka/kikaku/post-10.html
開催場所: 奈良文化財研究所飛鳥資料館
高市郡明日香村奥山 601

ご興味のある方はメルマガ登録してください

イベント情報などを配信する無料メルマガ登録はこちら.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。